ミスiDとは?

「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探す、講談社主催の女の子オーディションプロジェクト「ミスiD」(iDは「アイデンティティ」のiDであり、「アイドル」のiD)。

2012年開催の第一回目で発掘したのは、沖縄でひっそりとオーディションも受けずに過ごしていたハーフ美少女・玉城ティナ(当時14歳)。”美少女すぎて息もできない”と評されたルックスと不思議なスピリッツでViViモデルとして大ブレイク。
第二回目2014グランプリは宮城在住の蒼波純(当時12歳)。”生まれたての子鹿のように”笑わない、喋れない少女はいきなり映画『ワンダフルワールドエンド』(’14)であの橋本愛とW主演デビューを飾り、あのSKE松井玲奈も昨年夏のTOKYO IDLE FESから注目、今年に入り雑誌「spoon.」で二人並んでの表紙巻頭を飾った。

そして昨年の第三回2015グランプリで選ばれたのは、最終面接に8時間遅刻の末に選考委員の意見を真っ二つに割りつつ「恐るべき未知力」を評価された和顔ハーフ・金子理江(当時16歳)と、蛭子能収を敬愛するイラストレーションと批評眼、そして山口小夜子似のルックスを武器に活躍するモデル/イラストレーターの水野しず(当時25歳)。初めてのWグランプリとなった(水野はPARCOシブカル祭などで注目を集め、金子は8月公開予定の映画『いいにおいのする映画』でいきなり主演デビューを飾る)。
グランプリ外でも、”ゆるキャラ大使”でありつつ今年メジャーデビューを果たした早稲田卒の才媛アイドル・寺嶋由芙、TOYOTAのweb CMの”神スイング”で大注目を集めたベースボール・グラビアガール・稲村亜美、選考委員である佐久間宣行賞をフックにテレビ東京系「ゴッドタン」出演し”面白すぎる”と絶賛されたLinQ伊藤麻希など、ネクストブレイク・ガールの梁山泊となりつつある。

そのほか例をあげればキリのないジャンル度外視の才能を選ぶのは、テレビからアイドル、サブカルまで各界を代表する新しい才能による選考委員たち(近日発表)。そして選出後は、彼らのサポートも受けつつ、講談社各雑誌への起用、写真集、書籍、電子書籍などの多方面の展開。そしてユニット結成やCDデビュー、DVD発売、テレビ朝日生配信番組LoGiRL「ミスiDゴールド」や各種イベントへの出演など、その個性に合わせた方向性・展開を一緒に考え後押しします。
プロアマ問わずに加え、今年からは国籍、未婚既婚も問わず。
そして年齢も12歳から35歳までに拡大。タトゥーがあっても金髪でも引きこもりでもOK。よくあるモデルや女優、アイドルのオーディションに応募をためらってるような、すべての女の子へ。

つまらない世界をおもしろくする「わたし」、待ってます。